費用対効果の高いクラウド業務システム

 
古いパソコンをお使いの方、もう買い替えなどの対策は済みましたか?
Windows XP の製品サポートが、2014年4月8日で終了します。
 
サポート終了後の影響として、最も心配なのは、セキュリティ更新プログラムの提供が終了し、セキュリティ更新がないために、ウィルスやワーム、悪意のあるプログラムなどからの攻撃を受けやすくなってしまい、安全なIT環境の維持が難しくなることです。
 
各メーカーによる、例えば、ウイルス対策ソフトの定義ファイル提供や、問題発生時の各メーカからのサポート対応が行われなくなってしまう可能性も大きく、その影響は大きいです。
 
 
ずいぶん前からパソコン販売各社が宣伝しましたので、そういった情報を知って、すでにパソコンを買い替えたり、OSをWindows 7/Windows 8へOS移行するといった対策をとられた方や会社も多いと思います。
 
ただ、今になっても、Windows XP のパソコン上で処理している業務システムを実装している場合など簡単にシステムやデータを移行できなかったり、パソコンの台数が多すぎて今期の予算では対応できないといった深刻な悩みも多く聞きます。
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
■クラウド業務システム■
 
弊社では、クラウド型のWebデータベース「働くDB」の導入サポート実績が豊富なことから、この機会に、これまで利用してきたEXCELやACCESS、FileMaker、VBで開発したソフトなどで開発した業務システムは捨てて、パソコンのOSやタブレットなどのデバイスに関係なく、Webブラウザさえあれば利用できるクラウドサービスに切り替えたいのだがというお問合せを多く頂きました。
 
今もまだ続いてます。
 
<<<  EXCELやACCESS、VB開発ソフト から クラウド型Webデータベースへ >>>
 
弊社の提供するクラウド型のWebデータベース「働くDB」は、決まったパッケージ機能を利用してもらうといったサービスではなく、プログラム開発をすることなく、管理システムから簡単な設定をしていくことで、各会社の独自の業務のやり方や管理したいデータ項目を自由にオーダーメイドで作ることのできるクラウドサービスです。

 

■クラウド業務システム■
 
過去利用されていたEXCELやACCESS、FileMaker、VBで開発したソフトに実装された個別機能をある程度忠実に再現、移行できる点が最大の強みであり、今回のケースでお客様からの関心が非常に高まっている理由ではないかと思っています。
 
「現在利用しているシステムを、今のままのソフトでバージョンアップの対応をする」という選択肢もありますが、パソコンやタブレットなどデバイスやOSのバージョンアップに影響を受けずに実現する
クラウド型Webデータベースという選択肢もあります。
 
ただ費用がかかって今のままの機能を実現するのは、少しモッタイないですね。
 
この際、作業の効率化やサービスの向上、顧客満足向上につながる付加機能をしっかり検討し、費用対効果の高い対応をしたいものです。
 
中小・中堅企業の基幹業務システムともいえる
「販売管理」
「在庫管理」
「顧客管理」
「工程管理」
といった領域での、
 
### 様々な領域でのACCESSシステム から クラウドWebデータベース「働くDB」へのリプレース
 
が進んでいます。
 
***************************************************************************************
来期予算で何とかせねば、、、すぐにでも業務システムをバージョンアップしたい、、、
***************************************************************************************
 
お気軽にお問い合わせください。
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中